PythonとTradingViewを使った仮想通貨の自動売買

ネットに初心者向けの仮想通貨ビットコイン自動売買する方法がのってなかったので紹介します。

プログラミング初心者でも作れるよ😃

プログラミングで何を自動化させる?

BOTの作り方

まずはゴールを決めて必要なものを割り出します。

今回のゴール地点

「動けばいいや」 最初はそんな気分だった。

なんでもいいから動くBOTを組み立てたい。

挫折してしまうので出来るだけ簡単に。

ネットで下調べてみると情報がたくさんのってる。

  • 取引所がAPIを公開しているのでそれを使えばトレードが出来るらしい
  • TradingView有料プランでBOTにシグナルを送信する機能が使えるみたい
  • 設置する場所はAWSやConohaが人気
  • Googleもクラウドサービスがある
  • コラボレートリーが便利そう
  • Pythonで作れそう

情報を整理して以下の形でいこうと思います。

  • プログラミング言語は初心者でもわかりやすいPython
  • TradingViewのシグナル機能を使う
  • Gmailでアカウント持ってるからGoogleのサービスで統一
  • デモ口座もあるBybitでテスト開発

使う技術

5つの技術を組み合わせてサクッと作る
Python公式ページ
Pythonのエディタはグーグルドライブの中のアプリを使う
TradingView
BYBITデモ口座
クラウドサーバー

Pythonで全部作るよりTradingViewと組み合わせたほうが簡単

Pythonで全部やろうと思ったけどちょっと難しいです。

Pythonで全部やるのはきつい😅
TradingViewを使えば

・ バックテストが可能

・ クラウドサーバーなので24時間いける

・ デフォルトのテクニカル指標・ストラテジーが使える

・ 有料noteのストラテジーが使える

Pythonでは新規注文と決済だけつくります

キャンペーン情報

このブログのリンクから申し込むと友達紹介キャンペーンで30ドル貰える
”Bybit本番用口座”登録キャンペーン中

自動売買の仕組み

手順

Pythonの基礎を理解する

Googleコラボレートで試してみる

自動売買のロジックを用意する

TradingViewでストラテジーを使う

自動売買のシステムを作る

コピペで使えるコード

サーバーへ設置する

GCPのCloud Functionsにコピペする

コピペで動くコード

Cloud Functionsへコードをコピペで設置する

GCPのメニューからCloud Functions
関数の作成
構成
リージョンとは?

リージョンはサーバーが置いてある地域のことです。近い方が有利。Bybitはシンガポール拠点。

未認証の呼び出しを許可

未認証の呼び出しを許可すると外部からのアクセスを許可できます。

ランタイム
ランタイムをPythonへ変更
Nodeから
Pythonへ
main.py
requirements.txt
デプロイを押す
TradingViewの詳細
詳細を押す
アラート追加
メッセージ
WebHook
URLはGCPのここ

Trading View メッセージ

Cloud Functions

bot/
 ├ main.py
 ├ requirements.txt

pybit版

Cloud Functions

bot/
 ├ main.py
 ├ requirements.txt

仮想通貨自動売買おすすめロジック

PineScriptの入門
元祖ドテン君はこれです
  • -
    コピー

この記事を書いた人

最近のコメント

  1. アバター
  2. アバター
  3. アバター
  4. アバター
  5. アバター

人気記事