仮想通貨アービトラージをPythonでやってみたパート5「デモ口座でテストしてみる」

前回までで機能の実装は完成しました。

それでは動かしてみます。

まずはパート3で作った新規注文機能をテストネットで注文できるかたしかめてみましょう。

デモ口座をつくります。

テストネット(デモ口座)
アカウント作成

そしてログイン。

APIキー
キーをゲット
テストネットは専用アドレスが用意されている。

テスト注文したらエラーParameter ‘timeInForce’ sent when not requiredがでた

さっそく注文してみます。

するとエラーがでました。

TimeInForceがダメみたいです。

なので修正です。

binance_.pyを修正

TimeInForceを削除しました。

再度実行します。

無事成功しました。

次は決済テスト

実行させます。
ポジションが消えた

これでBINANCEのテスト完了です。

次はBybitのテスト。

テストネット(デモ口座)
登録して

ログイン

デリバティブへアクセス

資産振替
準備完了
APIキー
キーゲット

bybit_.pyをテストネット用に書き換える

実行
注文の成功
決済テスト
決済テスト問題ないです。

main.pyをテスト

良さそうです。

次回はエラー時に止めない方法。

  • -
    コピー

この記事を書いた人

最近のコメント

  1. アバター
  2. アバター
  3. アバター
  4. アバター
  5. アバター

人気記事