RSIの逆張り手法はFXで勝てるのか検証したらガチだった件

RSIの逆張りは短期足(1分足・5分足)のほうがよく効きます。

それはなぜか?

順張り手法のチャネルブレイクアウト手法(期間Nを超えたら順張りエントリー)を1分足・5分足・15分足・30分足・1時間足で検証すると、時間足が長いほうが優位性があることがわかる。

時間足が長くなるほど順張りしたほうがよくなるんです。

それをまずは共通認識を持ってから次の話に進みます。

時間足が長くなるほど順張りしたほうがよくなる

トレーディングビューで確認します。

通貨ペアはなんでもOKですが今回はドル円でみていきます。

通貨ペアの選択
通貨ペアはドル円を選択
インジケーター
channelと検索
チャネルブレイクアウトストラテジーを選択

USDJPY 1分足(チャネルブレイクアウト期間5)

USDJPY 5分足(チャネルブレイクアウト期間5)

USDJPY 15分足(チャネルブレイクアウト期間5)

USDJPY 30分足(チャネルブレイクアウト期間5)

USDJPY 1H足(チャネルブレイクアウト期間5)

1分足

1時間足

時間足を長くするほうがだましが少ないので

時間足が長くなるほど順張りしたほうがよくなるんです。

つまり、

時間足が短くなるほど逆張りしたほうがよくなるんです。

時間足が短くなるほど逆張りしたほうがよくなる

じゃあ次は本題のRSIをみていきます。

通貨ペアの選択
通貨ペアはドル円を選択
インジケーター
RSIと検索
RSIストラテジーを選択

USDJPY 1分足(RSIストラテジー期間14)

USDJPY 5分足(RSIストラテジー期間14)

USDJPY 15分足(RSIストラテジー期間14)

USDJPY 30分足(RSIストラテジー期間14)

USDJPY 1H足(RSIストラテジー期間14)

1分足

5分足

1時間足

なぜか1時間足のほうが強くなったw

おかしいねえ。想定と違うんだが。

そういうときは、

コードを確認してみたほうがいいな。

コードを確認
ストラテジーのコピー
コピーの作成
保存する

8行目と9行目を見てみてください。クロスオーバー、クロスアンダーというふうになっていますね。

クロスオーバー、クロスアンダーなのでこのタイミングでのエントリーです。

70を超えたあと、70を下回ったらエントリー

逆張りにしてはタイミングが遅い

本当は、

70に到達でエントリー

こっちをやりたいんだけど、

そういうときは

「RSI70クロス」から「RSI70タッチ」へコードを改変します。

「RSI70クロス」から「RSI70タッチ」へコードを改変した結果

チャートに追加を押す
これでヨシ!

USDJPY 1分足(RSI到達 期間14)

USDJPY 5分足(RSI到達 期間14)

USDJPY 15分足(RSI到達 期間14)

USDJPY 30分足(RSI到達 期間14)

USDJPY 1H足(RSI到達 期間14)

1分足

5分足

1時間足

よし、仮説どおり

時間足が短くなるほど逆張りしたほうが良くなるぞ

そして、1分足よりも5分足のほうが効き目が高いね

次はフィルター機能をつけてストラテジーを磨くとどうなるか?

ダブルモメンタムフィルター機能をつけてみる

私が短期トレードは逆張りのほうが優位性があることを事前に知っていたのは、

本に全部書いてあったからです。

この中の第7章で

フィルターの中でも「ダブルモメンタムフィルター」が最強みたいですね。

フィルター機能とは?

フィルター機能とはトレードを厳選するための手法。主に上位足のトレンド方向へ逆らわないようにする。

モメンタムとは?

単純に100個前のローソク足と現在のローソク足を比較して価格が下がっていたら下降トレンドとする。上昇トレンドはその逆。

ダブルモメンタムとは?

モメンタム100とモメンタム200を使用。複数になると、より強いトレンドを判断できる。

時間が長くなるほど順張りしたほうがよくなる

つまりフィルター機能をつければ長期では順張り、短期では逆張りの瞬間を狙えるようになる。

エントリーの条件に追加

USDJPY 1分足(RSI到達 期間14+モメンタムダブルフィルター)

USDJPY 5分足(RSI到達 期間14+モメンタムダブルフィルター)

USDJPY 15分足(RSI到達 期間14+モメンタムダブルフィルター)

USDJPY 30分足(RSI到達 期間14+モメンタムダブルフィルター)

USDJPY 1H足(RSI到達 期間14+モメンタムダブルフィルター)

1分足

5分足

1時間足

不安定だが、全体的に収益が改善された。

ここで疑問なんですが、フィルター機能をつけない5分足のほうが強いのはおかしくないですか?

TradingViewの無料プランでは長い期間のバックテストが実行できないのもそうですが、

エントリータイミングと決済タイミングが同じなのでドテン仕様になっています。

何が問題なのかというと、エントリータイミングが少ないのでポジションを常に持つ状態なので収支結果が不安定になります。

そこでエントリータイミングにはフィルター機能をつけて、決済タイミングはフィルター機能を外します。

自動売買を作るには?

・エントリールール

・決済ルール

が必要

決済ルールをつける

ドテン仕様から決済ルールを追加して、ストラテジーをさらに磨きます。

決済ルールもRSIを使いまわします。

RSIは60、40を使います。

条件式

  1. ポジションを保有状態
  2. RSIタッチ

Pine Scriptでポジションを保有状態を確認する

・・・を押す
リファレンス
posiと検索
ポジションサイズの変数
コピーしてくる

ポジション保有状態は、プログラムで翻訳すると、

ポジションサイズが0よりも大きい場合はロングポジションを保有

strategy.position_sizeはポジションサイズの変数

Pine Scriptではstrategy.position_sizeにロング保有状態なら正の小数、ショート保有状態なら負の小数が入ってる

strategy.にトレード機能が集約される

Pine Scriptではトレードの機能を呼び出す場合はstrategy.を使う

条件分岐

Pine Scriptでは条件分岐にはif ~ と改行してスペース4個つけると条件分岐式を書ける

strategy.と打つと予測変換してくれる

サンプルコード全文

USDJPY 1分足(エントリー:RSI70・30到達 期間14+モメンタムダブルフィルター、決済:RSI60・40到達 期間14)

USDJPY 5分足(エントリー:RSI70・30到達 期間14+モメンタムダブルフィルター、決済:RSI60・40到達 期間14)

USDJPY 15分足(エントリー:RSI70・30到達 期間14+モメンタムダブルフィルター、決済:RSI60・40到達 期間14)

USDJPY 30分足(エントリー:RSI70・30到達 期間14+モメンタムダブルフィルター、決済:RSI60・40到達 期間14)

USDJPY 1H足(エントリー:RSI70・30到達 期間14+モメンタムダブルフィルター、決済:RSI60・40到達 期間14)

1分足

5分足

1時間足

RSIの逆張り手法はFXで勝てるのか検証したらガチだった。

まとめ

RSIには優位性がありそうです。

ポートフォリオにいれてみたいと思いますw

次回ストラテジーのMT4のEA化。

EA化させたよ
\有名EA多数/
EA-BANK経由で口座開設するとEAが使い放題になる。

ホソノP自作EA

Zeper System | GogoJungle
Gotobi Teriyaki
19,800円
設置が簡単♪ゴトー日のEA
  • ゴトー日のEAです
Last Valkyrie(ラストバルキリー)
30,000円
高値・安値ブレイクアウト
  • ホソノP最終兵器
Sevens Well(セブンスウェル)
25,000円
RSI逆張り手法をEA化
  • 一瞬のチャンスを狙う

もうやってるよね? タリタリの自己アフィリエイト

海外FXキャッシュバック口座開設ならTariTali(タリタリ)
海外業者にはキャッシュバック必須です。タリタリを使うと自己キャッシュバックが受け取り可能に。IB乗り換えもOK。
\スプレッドの40%が戻ってくる /
ドル円1LOT約400円キャッシュバック
  • -
    コピー

この記事を書いた人

最近のコメント

  1. アバター
  2. アバター
  3. アバター
  4. アバター
  5. アバター